WEBシステム開発・運用 ホームページ制作 大屋企画

携帯サイト用システム (ASPサービス準備中) 2008/8

携帯サイト制作には、キャリア・機種別の特性、端末個体識別、絵文字変換など、携帯特有のシステムを必要とします。大規模なサイト開発であればプログラマがゼロから構築したり、MobaSiF などの代表的なオープンソースを利用する手もあります。

しかし、小規模なサイトでは、技術・費用的にそこまでの構築はできない場合も多いでしょう。また、機種別に対応が必要なプログラム部分は、新機種が登場するたびに判定データの追加が継続して必要となります。

そこで、必要となる機種別判定などの部分のみを中継するシステムを、今後、ASPサービスとしてご提供できるよう、只今準備中です。

当システム自体は、すでに一部サイトで運用中ですので、お急ぎの方はお問合せ下さい。

1.携帯端末データ抽出

携帯のキャリア・機種の判定や、機種個別の各値を抽出する部分を中継して行います。携帯画面の解像度や表示サイズも機種ごとに異なるため、最適な画像サイズを表示するために必要となる値も知ることができます。

2.絵文字変換

携帯で使用している絵文字は、各キャリア独自のものです。携帯メールの場合は異なるキャリア間でも、キャリア側で同様の絵文字に変換してくれますが、携帯ブログやSNSの場合、サイト内で変換するプログラムが必要となります。
この変換を中継して行います。

1.携帯端末データ抽出について

システムの流れ

  1. お客様の携帯サイトのページ表示ソースの先頭で、当サーバーにソケット(等)接続します。
  2. 当サーバーへの接続部分のソースはご提供しますので、設定値を記載するだけです。設定値に欲しいデータのcodeを設定しておきます。
  3. 当サーバーでは、このソースで受取ったユーザーエージェント等から、お客様の欲しいデータを配列で返します。
  4. ソース内で受取ったデータを、お客様側で使用して下さい。

抽出できる主な値

キャリア(DoCoMo, Softbank, Au, EMOBILE, PC)、モデル名、機種名、固体識別番号、FlashLiteのVersion、画面表示幅(ブラウザ,待受け) ・・・など

画像の最適化について

端末画面の画素数で、現在の最も多いのは横幅が約240pxのものです。そこで、最近の携帯サイトに表示する画像幅のMAXは220px前後が一般的です。

ところが、端末の中にはもっと解像度が高い機種があり、横480px以上のものも多くなってきました。

下は同じページを表示していますが、左の機種は意図したとおり画面一杯の画像なのに、右の機種では半分の大きさしかありません。

V904T 811SH

これでは広告バナーなどは
文字がほとんど見えません。

あなたの携帯はどのように
表示されますか?

http://www.oyaoya.jp/hp/mobile/m1.htm

ブラウザ幅:240px ブラウザ幅:468px

テキスト文字の大きさは画素数に依存せず、端末側で見やすい大きさ(端末の設定で大中小など変えられる)で表示しています。左右2機種の文字の大きさの違いはそのためです。

しかし、画像(青いバナー)は画像のピクセルサイズで忠実に表示しているので、機種によっては小さすぎたりはみ出たりします。

そこで、端末別のブラウザ表示幅を得て、画像を入れ替えたりサイズを調節すれば、右の画面でも同様になります。

このサンプルサイトでは、当システムを使用して携帯端末の横幅を受取り、240px以上の場合は、画像を2倍の大きさにしています。

http://www.oyaoya.jp/hp/mobile/m2.php

※パソコン画面では拡大画像は画質が荒れますが、小さな携帯画面では密度が高いため荒れません。

※Docomo/mova、J-phon等の第2世代端末では、容量がもっと小さな画像しか表示できませんが、このサンプルサイトでは、それらの判定は省略していますので、ご了承下さい。

※このサンプルは最新の端末情報が更新されていない場合がありますのでご了承下さい。

2.絵文字変換について

システムの流れ

  1. お客様の携帯サイト内で、絵文字が使われた入力・送信データを、DBやファイルにレコードするソース内で、受取ったデータをレコードする前に、当サーバーにソケット(等)接続します。
  2. 当サーバーでは文字データ内の絵文字部分だけを、当システム独自のコードに変換して返します。
  3. お客様側のソース内では、返った文字データをそのままDBやファイルにレコードして下さい。
  4. 閲覧者がページを表示する際、DBやファイルから読み取った文字データを、表示させるソースの前に、当サーバーにソケット(等)接続します。
  5. 当サーバーでは文字データの内の独自コード部分を、閲覧者のキャリアに合致する絵文字表示用ソースに変換して返します。
  6. お客様側のソース内では、この文字データをそのまま表示させれば、閲覧者の携帯では絵文字になって表示されます。

※閲覧者がパソコンや携帯のPCサイトブラウザの場合は、当システムの絵文字アイコン(画像)を表示します。

★ ASP提供予定について

当システム自体は、すでに一部サイトで運用中ですので、すぐに提供可能ですが、ASPサービス提供システムの構築のスケジュールは未定です。

お急ぎでご利用をご希望の方は、ご相談に応じます。

また、ASP提供業者様との提携等も検討できますので、ご興味がある業者様はお気軽にお問合せ下さい。